グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


インストラクター養成コース


このページを

お気に入りリストを見る
お気に入りに登録する
インストラクター養成コースでは、犬を直接訓練するのではなく、飼い主にしつけやトレーニングを教える指導者として必要な知識とスキルを学びます。

ニーズにあわせ講義パートのみを受講することも可能です。動物病院スタッフのための受講制度もあります。

対象

これから家庭犬しつけインストラクターを目指す方、または家庭犬しつけインストラクターとしてのスキルを磨きたい方



カリキュラム

カリキュラムには講義パート(講義1~6)と実技パート(実技1~4)があります。
それぞれ参加にあたって条件があります。

講義パート

内容 開催予定 会場 受講料(税込)
講義1 学習理論1~基礎知識 詳細 10月 東京 16,200円
講義2 学習理論2~困った行動への対処法 詳細 6月 東京 16,200円
講義3 子犬に関する基礎知識 詳細 10月 東京 16,200円
講義4 ハンドリング・トレーニングの基礎知識
(ワークショップ形式)
詳細 1月 東京 23,760円
講義5 クラスワークの基礎知識
(ワークショップ形式)
詳細 9月 東京 23,760円
講義6 問題対処の基礎知識
(ワークショップ形式)
詳細 6月 東京 23,760円
合計 119,880円

実技パート

内容 開催予定 会場 受講料(税込)
実技1 成犬キャンプ
(3日間の集中キャンプ)
詳細 毎年3月 東京 129,600円
実技2 子犬キャンプ
(3日間の集中キャンプ)
詳細 毎年 動物愛護センター等 129,600円
実技3 犬連れキャンプ
(4日間の集中キャンプ)
詳細 隔年11月 山梨県
woof等
172,800円
実技4 ビデオ検討会
(ディスカッション形式)
詳細 毎年 東京 27,000円
合計 459,000円

認定試験

試験日程 毎年1回(8月予定)
試験会場 東京
費用 受験料:15,429円(税込) 認定料:10,286円(税込)
受験条件 家庭犬のしつけ方講座インストラクター養成コース(講義・実技)のすべてのカリキュラムを修了していること。
試験形式 面接試験(15分)、実技試験(20~30分)、筆記試験(60分)
評価方法 複数の試験官が各試験項目の採点を行い、その総合評価により合否判定を行います。
再受験 不合格の場合は、再受験が可能です。

受講期限

受講中に、3年以上のブランク(3年間、講義・実技・フォローアップのためのセミナーやワークショップのいずれにも参加しない)があると、それまでの受講分は無効となりますので、ご注意ください。
また、最終の認定試験も上記の条件にあわせて、3年以内に受験してください。
(不合格の場合は、3年以内にコース内のいずれかの講義・実技に参加し、受験資格を延長してください)

受講のモデルケース

  • 毎年、原則として下記のスケジュールで定期的に開催します。
  • 講義・実技を受講し認定試験を受験する場合は、最短3年間で修了できます。
  • 講義のみを受講の場合は、最短2年間で修了できます。

受講1年目

コース 内容 開催予定月 会場
ベーシックコース
  1. 「犬との暮らし方学」
  2. 「犬の飼い主学」
  3. 「犬の行動学」
  4. 「犬のトレーニング学」
7~8月
  • 1・2を2日間で連続開催
  • 3・4を2日間で連続開催
東京・大阪
養成コース 講義1 学習理論1~基礎知識 9~10月
  • 講義1・3を2日間で連続開催
東京
養成コース 講義3 犬に関する基礎知識

受講2年目

コース 内容 開催予定月 会場
養成コース 講義4 ハンドリングの基礎知識 1月 東京
養成コース 実技1 成犬キャンプ(2泊3日) 3月 東京
養成コース 講義2 学習理論2~困った問題への対処 6月
  • 講義2・6を2日間で連続開催
東京
養成コース 講義6 問題対処の基礎知識
養成コース 実技2 子犬キャンプ(2泊3日) 6月前後 各県の動物愛護センター等予定
養成コース 講義5 クラスワークの基礎知識 9月 東京
養成コース 実技3 犬連れキャンプ(3泊4日) 1月 山梨(Woof)等予定

受講3年目

コース 内容 開催予定月 会場
養成コース 実技4 ビデオ検討会 4月 東京
認定試験 8月 東京

受講中のフォローアップ

インストラクター養成コース受講生を対象に、認定インストラクターによるセミナーやワークショップが開催されます。是非積極的に参加し、スキルを深めてください。案内は、受講生向けのメールニュースで月初めにお知らせします。講座やワークショップに関する情報をお知らせする「しつけメールニュース」の登録希望者は、下記のE-mailまで、受講番号・ お名前・ 登録希望メールアドレスをお知らせください。

動物病院スタッフのみなさまへ

動物病院スタッフ(獣医師、認定動物看護師またはJAHA会員動物看護師)に限り、講義パートの1~4を必要に応じてピックアップしてご受講いただけます。ニーズに合わせてより柔軟にご活用ください。
  • 講義5・6および実技パートへのご参加には、ベーシックコースを修了している必要がありますのでご注意ください。

講義の内容に関する詳細はカリキュラムをご覧ください。
テーマ 単発受講料(税込)
講義1 学習理論1~基礎知識 18,360円
講義2 学習理論2~困った行動への対処法 18,360円
講義3 子犬に関する基礎知識 18,360円
講義4 ハンドリング・トレーニングの基礎知識(ワークショップ形式) 27,000円
※パピーケアスタッフ養成講座実践コース修了生の方は、一部受講免除があります。

パピーケアスタッフ養成講座実践コース修了生の方へ

実践コース以上に進まれている方は、家庭犬のしつけ方講座ベーシックコースとインストラクター養成コースの一部(パピーケアスタッフ養成講座と内容が重複する部分)が受講免除となりますので、短期間で効率的にJAHA認定家庭犬しつけインストラクターを目指す学習が可能です。
家庭犬のしつけ方講座 コース名 免除項目
ベーシックコース 1~4 受講免除
養成コース 講義1 受講免除
養成コース 講義3 受講免除
養成コース 実技1 GCT合格等の実技経験に関わる受講条件が免除
養成コース 実技2 以下の方は推奨受講
  • パピーケアインターンコース修了者
  • 認定パピーケアスタッフの下でのパピークラスアシスタント経験40時間以上の方

旧カリキュラム受講生の方へ

旧カリキュラム受講生が認定試験を受験するには、新カリキュラムの内容(講義/実技)を受講する必要があります。

会員専用サービス

Now loading
    入会ご希望のみなさまへ