アニマルセラピー|CAPP活動


アニマルセラピー|CAPP活動とは

概要参加方法活動予定活動施設参加者の声IAHAIO

アニマルセラピー

動物とのふれあいや相互作用から生まれる様々な効果が医療や福祉、教育の現場で活用されています。広義でアニマルセラピーと呼ばれるこれらの活動は、目的などにより、おおまかに以下の3つに分けられます。

AAA(Animal Assisted Activity)動物介在活動
動物とふれあうことによる情緒的な安定、レクリエーション・QOLの向上等を主な目的としたふれあい活動。一般にアニマルセラピーとよばれる活動の多くはこのタイプです。
AAT(Animal Assisted Therapy)動物介在療法
人間の医療の現場で、専門的な治療行為として行われる動物を介在させた補助療法。医療従事者の主導で実施します。精神的身体的機能、社会的機能の向上など、治療を受ける人にあわせた治療目的を設定し、適切な動物とボランティア(ハンドラー)を選択、治療後は治療効果の評価を行います。
AAE(Animal Assisted Education)動物介在教育
小学校等に動物と共に訪問し、正しい動物とのふれあい方や命の大切さを子供たちに学んでもらうための活動。生活科や総合学習などのプログラムとして取り入れる学校も徐々に増えています。

CAPP活動

JAHAが動物病院を中心として推進するアニマルセラピー(AAA、AAT、AAE)を総称して、CAPP活動とよびます。高齢者施設、病院、学校などを訪問し、動物の持つ温もりや優しさにふれて頂くボランティア活動です。ボランティアに参加するのは各家庭で家族として幸せに暮らしている動物たちです。

CAPP

CAPP=Companion Animal Partnership Program (人と動物のふれあい活動)

CAPP活動がスタートした1986年5月から2013年3月までの活動実績は、次の通りです。(数字はすべて延べ数です)

  • 訪問回数:14,626回
  • 参加獣医師数:22,882人
  • 参加ボランティア:115,654人
  • 参加動物:犬=85,631頭、猫=19,441頭、その他=6,712頭
プリンタ出力用画面 前のページへ戻る

JAHA東日本大震災救援募金のご報告 協会の活動を支援する
JAHA家庭犬マナーチャレンジ



Copyright © 公益社団法人 日本動物病院協会
個人情報の取り扱いに関する情報は こちら をご覧下さい。
JAHAのホームページに掲載された写真や画像その他の内容の無断転載は堅くお断り致します。
また、リンクを希望される法人、個人とも webmaster@jaha.or.jp まで、ご連絡ください。