グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


付添犬


このページを

お気に入りリストを見る
お気に入りに登録する
このページは、NPO法人神奈川子ども支援センターつなっぐ内に設置されています、付添犬認証委員会が発信している情報を基に作成しています

付添犬(つきそいけん)について

被害を受けた子どもが、安心して自分の受けた出来事について、他者(司法関係者/医療従事者など)に伝えられるよう手助けをする犬です。
虐待などでトラウマを受けた子どもが、事情聴取などでさらなるトラウマを受けないように精神的にサポートします。
 アメリカで始まったこの活動は、2012年にCourthouse Dog® Foundation(CDF)が設立されて以来、厳格な基準のもと、アメリカ国内だけでも241もの犬たちが活躍しています。(2020年6月時点)
 「つなっぐ」の付添犬認証委員会(前コートハウスドッグ準備委員会)は2014年より、CDFと緊密な連携を取り、日本への安全かつ効果的な付添犬導入のための情報共有を行っています。
 獣医学的に健康であることや攻撃性がないことはもちろん、包容力のある穏やかな犬で、一般の犬が入ることのできない施設でも落ち着いて行動ができ、指示に適切に従う、などの十分な行動学的な安全性がすべての犬に求められます。その特殊な活動内容と日本の現状に適応した、犬への厳正なスクリーニングとハンドラーに対する研修教育などを経た上で、子ども達やご家族の笑顔のための優しい活動を目指しています。
 現在、「つなっぐ」と連携を結んだ2つの団体、社会福祉法人 日本介助犬協会と公益社団法人 日本動物病院協会(JAHA)からそれぞれの専門機関で認定を受けた犬とハンドラーが、さらに付添犬認証委員会の認証を受けて、毎回依頼活動内容やニーズに合わせて活躍しています。(2020年7月時点)

付添犬の役割

子どもが刑事事件の被害者や証人となったとき、つらい体験について話をしなければならない場面が訪れます。自身が体験した出来事を話すことは二次被害になると言われ、さらに法廷のような大人でも緊張する場面での証言は大きな負担を伴います。
そんな時に、付添犬がそっとそばに寄り添うことで、緊張や精神的負担を軽減する役割を担っています。

付添犬がサポートに入る場面は、調査官調査、検察官の聞き取り、全身系統検査、事情聴取、裁判期日外尋問など、多岐に渡ります。また、聞き取りや検査の最中につきそうのではなく、その前後にふれあうことでサポートしている事例もあります。
日本で付添犬を認証しているのは、付添犬認証委員会(前コートハウスドッグ準備委員会)のみです。当法人は、米国Courthouse Dog® Foundationの制度に則って、付添犬を認証しております。コートハウスドッグの商標権登録の申請中です。類似の活動については認められていません。

『傷ついた子どもの心に寄り添う<付添犬>』オンラインセミナーのご案内

NPO法人神奈川子ども支援センターつなっぐの代表理事・飛田桂先生、CAPP認定パートナーズの田野裕子氏による、付添犬に関するオンラインセミナーが開催されます!

詳細・お申込はこちらから!

会員専用サービス

Now loading
    入会ご希望のみなさまへ