グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  就職したい・学びたい・認定医資格を取得したい >  セミナー情報 >  動物看護師向けセミナー >  看護に活かす病気の知識①「動物看護師だからできること。がん治療を支えるための基礎知識」
お気に入りリストを見る

看護に活かす病気の知識①「動物看護師だからできること。がん治療を支えるための基礎知識」


このページを

お気に入りリストを見る
お気に入りに登録する

「動物看護師だからできること。がん治療を支えるための基礎知識」

講師

村上 昭弘先生 葉山どうぶつ病院(神奈川県)
【講師よりセミナーのご案内】
 がんの動物に、何かしてあげたい!飼い主の役に立ちたい!だけどこんな時、どう声をかけたらいいのかな?
このような思いをしたことがある動物看護師さんに向けてのセミナーです。 
 近年、日常的に遭遇する病気は、予防医療の普及や飼育環境の改善にともない変化しました。フィラリア症に代表されるような感染症は減少しましたが、動物の高齢化に伴い、悪性腫瘍(がん)・心臓病・慢性腎不全などを患う動物が増えて、中でもがんは動物の死因のトップを占めています。
 しかし、学校でも病院の現場でも、なかなか動物のがんについて詳しく学ぶ機会は少ないのではないでしょうか?
実際の診療をしながら先輩看護師や獣医師から教えてもらい、ご自身で試行錯誤しながら勉強されているのではないかと思います。 そこで本セミナーでは、動物のがんに関する正しい基礎知識をもう一度確認するとともに、明日からのがん治療に役立つ臨床テクニックや、がんで苦しんでいる動物や不安や悲しみを抱えている飼い主に対して、どう接したらいいのかわからない時の道標(みちしるべ)を、できる限り分かりやすくご説明したいと思っています。

トピックス

がんの基礎知識
① そもそも、がんって何なの?
② がんになりやすい犬や猫の種類は?実際どんながんが多いの?
③ がんの診断・治療について 〜円滑に診療ができるように〜

明日から自分の病院でできること。注意するべきこと。
① 抗がん剤の扱い方と飼い主に伝えなければいけないこと
② 手術の時の麻酔の注意点
③ 助手に入った時に緊張しないための基礎知識

がんの動物を看護するということは
① がんの動物の看護って、普通と何が違うの?
② 治療には栄養管理がすごく大切!食べてくれるためのひと工夫
③ 「看護師さんのあの言葉に救われた」と言われるように

開催日程

 9月13日(木) 13:30~16:30

会場

 JAHAセミナールーム
 東京都中央区日本橋本石町3-2-7 常盤ビル7階

受講料金

 一般    7,560
 JAHA会員 5,400円  *いずれも税込

定員

 20

申込方法

*お申し込みには会員優先期間を設けております*
JAHA会員優先受付期間 8月1日(水)-13日(月)終了しました  受付結果のご連絡 8月14日(火)
 ・期間中に定員に達した場合、JAHA認定病院所属などの一定の条件を満たす方を優先し、参加者を決定致します

一般申込受付 8月15日(水) ~
【定員に達しましたのでキャンセル待ちとして承ります:現在の待ち人数 2名】

 ・2営業日以内にご参加の可否や参加費の入金方法をご案内します。
 ・定員に達した際には、本ページでお知らせします。
 ・当日案内は、オンライン申込の方にはE-mailで、FAXでお申込みの方はFAXでご連絡します。

FAXでの申込み

下記リンクから申込書をダウンロードの上、FAXで送信願います。

看護に活かす病気の知識・セミナー 今後の開催予定

日程 テーマ 予定講師
第2回
 11月15日(木)
循環器
上地 正実先生
JASMINEどうぶつ循環器病センター
第3回
 2019年1月17日(木)
糖尿病 金本 英之先生
DVMsどうぶつ医療センター横浜
*全3回に出席の方には修了証を発行いたします。

会員専用サービス

Now loading
    入会ご希望のみなさまへ