グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  就職したい・学びたい・認定医資格を取得したい >  セミナー情報 >  獣医師継続教育セミナー >  整形外科ワークショップ:ベーシックコース [2019年]
お気に入りリストを見る

整形外科ワークショップ:ベーシックコース [2019年]


このページを

お気に入りリストを見る
お気に入りに登録する

骨折治療の基礎から最新治療法の実践的臨床

< 協力 >ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社

コース監修・川田 睦

【ご挨拶】
プラスチックボーンを用いた整形外科ドライラボと最新の学術講習の組み合わせは、最も効果的に技術を習得することができます。日本では、小型犬や猫の飼育頭数が多いため、1.5㎜~2.4㎜ロッキングシステムの技術習得が重要な課題になっています。しかし、残念なことに小型のインプラントシステムは、扱いが難しく、正確な手技で使用できているかの判定が難しい面をもっています。そのため初学者を含め、十分にインプラント特性などの基礎的な内容が理解できていないと、小型インプラントを用いた実習では技術習得が案外上手くいかない場合が多いと、数多くの実習を企画・開催してきた経験から強く感じるようになりました。

もちろん小型インプラントシステムの実習を否定するものではないのですが、私自身が考える、より効果的なトレーニングはまず3.5㎜のスクリューサイズを用いて行う、再現性が高く、骨接合術理論を理解する方法です。
圧迫プレート法、中和プレート法、架橋プレート法の理論を学び、それを実際のモデルに正確に反映させる。そのうえで、コンベンショナルシステムとロッキングシステムの使い分けを学ぶことができれば、小型インプラントシステムを正確に使用するための準備ができたと言えるでしょう。

参加者にできるだけ多くの知識、技術を持ち帰っていただくため、日本動物病院協会におけるワークショップは、できるだけ時間をかけて、丁寧な講義と実習を行うことに注力して構成しています。受講される方も大変だとは思いますが、ご参加くだされば十分に満足いただける内容だと確信しております。 

インストラクター紹介

メイン インストラクター  本阿彌 宗紀(ほんなみ むねき)

本阿彌先生よりご案内
本ワークショップでは、骨折治療において知っておくべき理論や知識は講義で学び、言葉では表現できないとっておきのテクニックやコツを実習でじっくりと学ぶことができます。また、単回で終わってしまうセミナーが多い中、約半年間に渡って繰り返し学ぶことで、知識やテクニックを効率的に習得できることも大きなメリットです。
実習内容はベーシックな項目に絞りつつも、ロッキングプレートを含む臨床例を意識した項目にしており、初学者だけでなく基礎から学び直したい経験者にもご満足いただけると思います。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

インストラクター 小林 聡

ONE for Animals・ONE千葉どうぶつ整形外科センター

運営協力  森 淳和

ONE for Animals・DVMsどうぶつ医療センター横浜/JAHA東日本地区副代表ディレクター

実施内容(全5回)

日程 内容
第1+2 回
6月22日(土)
13:00-19:00
ご挨拶・自己紹介
【講義】 「骨折治療の基礎~骨折分類から固定法の基本的な考え方まで」(60分)
「サークレージワイヤー/テンションバンドワイヤリングを理解する」
「スクリューテクニックの原理原則」
【実習】 ワイヤー:ツイスト法
脛骨粗面骨折に対するテンションバンドワイヤリング
ラグスクリュー固定法とポジションスクリュー固定法
第3回
8月20日(火)
17:45-21:00
*前回復習のためのケース・スタディ
【講義】 「プレート(DCP)の原理原則」
【実習】 上腕骨顆部骨折に対するKワイヤーを用いた回旋防止およびラグスクリュー固定法
橈骨骨幹部骨折に対する3.5mmDCPを用いた圧迫プレート法
第4回
10月29日(火)
17:45-21:00
*前回復習のためのケース・スタディ
【講義】 「整復・ベンディングのコツ」
【実習】 脛骨骨幹部長斜骨折に対する3.5mmラグスクリュー固定法および3.5mmDCPを用いた中和プレート法
腸骨体横骨折に対する3.5mmDCPを用いた中和プレート法
第5回
12月17日(火)
17:45-21:00
*前回復習のためのケース・スタディ
【講義】 ロッキングプレート(LCP)の原理原則
【実習】 大腿骨骨幹部螺旋骨折に対するサークレージワイヤーと3.5mmLCPを用いた中和プレート法
コンペティション ~ 各グループで術前計画を話し合いながら骨折模型を整復固定して頂きます
※ケース・スタディは小林先生が担当します。  ※実施内容は一部変更する場合がございます。  
※全コースを履修された方には修了証を発行します。

開催概要

日時

2019年 6/22, 8/20, 10/29, 12/17
* 初回は2回分で13:00-19:00 (6時間)
* その他の回は17:45-21:00 (3時間15分)

会場

JAHAセミナールーム
東京都中央区日本橋本石町3-2-7 常盤ビル7階

定員

18 名 ※最小催行人数12名 *催行決定

受講料

会員 150,000円   一般 225,000円
※ 講義資料・実習材料費込  ※税別

ご連絡

・コースの構成上、可能な限り同じ参加者による全コースの履修をお願いしております。
・全コースを履修された方には修了証を発行します。
・実習は3名1組または2名1組のグループで実施します。
・実習に使用した機材、インプラントは全て回収します。
 ボーンモデルは実習終了後にお持ち帰りいただけます。

申込方法

受付期間

*オンラインでの申し込みが難しい場合は事務局までお問合せください
定員に達しましたのでキャンセル待ちでの受け付けとなります
現在のキャンセル待ち人数 名 
*1日1回の更新となります(休業日除く)。タイミングによっては変わりますことをご了承ください。

一般(会員外)受付  4月19日(金)~【先着順】
*2営業日以内に参加の可否をご返答します。(GW期間の4/27-5/6を除く)

JAHA会員優先受付期間 
4月16日をもちまして終了しました 結果通知メール送信:4月18日

キャンセル規定

 ワークショップは準備段階で費用も発生するため、キャンセルに対しては理由に関わらず規定キャンセル料が
 発生します。参加費の未納をもってキャンセルとはみなしませんので、必ず事務局へご連絡ください。


   6月12日(水)までのキャンセル --- 返金手数料1,000円を差し引いてご返金します。
   6月13日(木)以降のキャンセル --- 参加費全額をキャンセル料としてお支払いいただきます。

会員専用サービス

Now loading
    入会ご希望のみなさまへ