グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  就職したい・学びたい・認定医資格を取得したい >  セミナー情報 >  獣医師継続教育セミナー >  跛行診断レベルアップ! 運動器エコー検査ハンズオン・セミナー
お気に入りリストを見る

跛行診断レベルアップ! 運動器エコー検査ハンズオン・セミナー


このページを

お気に入りリストを見る
お気に入りに登録する
JAHA整形外科ワークショップ
跛行診断レベルアップ!
犬の運動器エコー検査 ハンズオン・セミナー

< 協力 >株式会社 日立製作所

講師

本阿彌 宗紀(ほんなみ むねき)
東京大学

本阿彌先生のその他のワークショップ ↓

ご案内:本阿彌先生より

運動器エコー検査は、人整形外科分野ではすでに確立された検査法であり、触診や単純X線検査とは全く異なる情報が得られることから、多くの診療施設で取り入れられています。しかしながら、小動物整形外科分野では、ほとんどの動物病院で超音波検査機器を導入しているにも関わらず、跛行診断には触診と単純X線検査所見のみを用いているのが現状です。
運動器エコー検査は、無麻酔、低コストで実施可能なことから小動物整形外科分野にこそ重要であり、大学病院や二次診療施設よりもむしろ、一次診療施設において習得すべき検査法であると考えています。

そこで今回は、運動器エコー検査総論の講義と食用うさぎを用いたハンズオンセミナーという形式で開催いたしますので、これから始めたい方や始めてみたけれど行き詰まっている方などにおすすめです。内容は、整形外科疾患の多い股関節と膝関節にフォーカスし、基本的なエコー像の描出法や実際の症例画像を供覧しながら進めていきます。

特に前十字靭帯断裂の診断には驚異的なポテンシャルを発揮しますので、TPLOワークショップ(11月4日開催)と合わせて受講いただくことで診断と治療のレベルアップは間違いありません。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

実施内容/タイムテーブル

Day 1 講義内容
11/2 18:00-20:00 「ここだけはおさえておきたい後肢跛行」(40分)
「運動器エコー検査総論;後肢編」(70分)
Day 2 実習内容 <食用うさぎを用いた実習・3名1組>
11/3 10:00-12:30 股関節実習
- 大腿骨頭、寛骨臼、殿筋群、坐骨神経の描出
- 臨床症例供覧
【昼食休憩】
13:30-16:30 股関節実習
- 膝蓋靭帯、関節液、大腿骨滑車、前十字靭帯、半月板の描出
- 臨床症例供覧
16:30-17:00 質疑応答

開催概要

日時

11月 2日(金) 18:00-20:00
11月 3日(土) 10:00-17:00
*登録は両日一括となります

定員

18 名 *最少催行人数 12名

受講料

会員 32,400円   一般 54,000円
・税込 ・実習材料費含む

会場

JAHAセミナールーム
東京都中央区日本橋本石町3-2-7 常盤ビル7階

申込方法<キャンセル待ちとして受付ます>

下記をご確認いただき、オンライン申込みページにお進みください。
(FAXでのお申込みを希望される方はお手数ですが事務局まで用紙をご請求ください。)
一般申込み期間:9月20日(水)~
*定員に達しましたので、キャンセル待ちとして受付いたします 現在のキャンセル待ち人数:1名
・2営業日以内に受付結果をお知らせします

JAHA会員優先受付期間【終了しました】 
 8月31日(金) ~9月17日(月)
  優先受付期間内で定員を超えた場合、下記を考慮し参加者を決定します。
  ・JAHA認定医、JAHA認定病院勤務スタッフ  ・過去のワークショップやセミナーの受講歴 など

 結果通知メール送信:9月19日

キャンセル規定

 ワークショップは準備段階で費用も発生するため、キャンセルに対しては理由に関わらず規定キャンセル料が
 発生します。参加費の未納をもってキャンセルとはみなしませんので、必ず事務局へご連絡ください。
 事務局の休日にあたる場合は、留守番電話メッセージ、Fax、E-mailにてご連絡をお受けいたします。


   10月24日(水)までのキャンセル --- 返金手数料1,000円を差し引いてご返金します。
   10月25日(木)以降のキャンセル --- 参加費全額をキャンセル料としてお支払いいただきます。

会員専用サービス

Now loading
    入会ご希望のみなさまへ