グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  就職したい・学びたい・認定医資格を取得したい >  セミナー情報 >  獣医師継続教育セミナー >  【中止】第170回国際セミナー「見えなかったものが見えてくる!画像診断スキルアップセミナー 〜専門医の目を手に入れよう〜」
お気に入りリストを見る

【中止】第170回国際セミナー「見えなかったものが見えてくる!画像診断スキルアップセミナー 〜専門医の目を手に入れよう〜」


このページを

お気に入りリストを見る
お気に入りに登録する
第170回JAHA国際セミナー「画像診断」中止のご連絡
公益社団法人 日本動物病院協会
会長 川田 睦

公益社団法人 日本動物病院協会では、新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、講師のDr. Gaschenとも相談の上、参加者の皆様および関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果、第170回「見えなかったものが見えてくる!画像診断スキルアップセミナー」(大阪:3月6-8日、東京:3月10-12日)の開催を中止とさせていただくことになりました。
参加をご予定いただいておりました皆様には大変申し訳ございませんが、何卒事情をご理解いただき、ご容赦くださいますようお願い申し上げます。参加費のご返金手続きにつきましては別途担当者からE-mail、FAXでご連絡致します。ご了承くださいますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

見えなかったものが見えてくる!画像診断スキルアップセミナー
~ 専門医の目を手に入れよう

第170回国際セミナー 総合臨床医指定セミナー・認定病院指定セミナー
日本獣医師会獣医師生涯研修事業ポイント取得プログラム申請中

講師紹介

Dr. Lorri Gaschen
European College of Veterinary Diagnostic Imaging
Professor- Diagnostic Imaging,
Louisiana State University


*プロフィール詳細大学サイト(英文)

ご案内

私がDr. Gaschenの講義を初めて経験したのは2018年のFASAVA-Singaporeで、猫の胸部画像診断と腹部超音波画像についての講演でしたが、どちらの部屋も参加者が多く、熱気溢れるものでした。肺のパターン読影というものは、どの国々の臨床獣医師にとっても胸部画像診断における最初のハードルになっているようで、「今、見えているものは肺胞パターン?、気管支パターン?、それとも混合パターン??」といったあたりでどうしても悩んでしまうものです。また、腹部の画像診断といえば、今ではほとんどの病院で超音波検査が主流になっていると思われますし、実際にその有用性は素晴らしいものですが、超音波検査だけで良いのか?といえばそうでもなく、例えば消化器のび漫性変化の検出には病理検査が必要な場合が多いですし、今ではあまり用いられなくなってきた(?)バリウム造影検査であっても、適応によっては超音波検査の信頼性をさらに補完してくれる場合が多々あります。

今回のセミナーでは、彼女の専門分野である胸部画像診断と腹部超音波検査を中心に、肺のパターン読影、心疾患に対するX線検査による評価、肝/胆/膵/消化管に対する超音波検査といったベーシックな内容を踏まえながら、門脈シャントなどの血管病変の検出や血栓症の診断、胸腔内病変に対する超音波ガイド下FNAのコツといった、他ではあまりしっかりと聴く機会が少ない内容までを幅広く、かつ多くの臨床例を動画を交えながらお示しいただきます。
個人的にも超音波検査における消化管病変と病理検査の相関性についての講義をとても楽しみにしています。彼女ならではの迫力ある臨場感溢れる講演を、ぜひ会場でお楽しみください。
学術委員長 重田 界(桜花どうぶつ病院)

トピックス

Day1 13:00-19:00

嘔吐を伴う犬と猫における胃,膵臓のX線および超音波検査
嘔吐という臨床症状を示し来院した犬と猫におけるX線検査および超音波検査所見の解釈について学びます.バリウムを用いた上部消化管造影検査についても,X線および超音波検査と比較するために数例ご紹介する予定です.この講義により,胃,膵臓の超音波検査の実際を学習でき,その手技を向上させられるでしょう.胃,膵臓の異常所見についてもたくさんの症例をお示しします.猫の膵炎の患者から三臓器炎を検出することの重要性についても 解説します.

犬と猫の肝胆道系に対する超音波検査
近年の文献のアップデートを踏まえながら,肝胆道系の超音波検査について最先端の情報をレビューします.ここでもたくさんの症例を提示します.胆嚢粘液嚢腫と胆嚢破裂の診断についても症例を示しながら解説します.肝性および肝後性黄疸の原因と,胆管系の検査方法についてもお話しします.

犬と猫の小腸性疾患における超音波検査と組織検査との相関性
エビデンスに基づいたアプローチによる最先端の小腸超音波検査のレビューと,超音波画像所見と組織検査との比較について講義します.炎症性腸疾患や,腫瘍性および感染性腸内細胞浸潤について多くの症例を用いながら解説します.猫の炎症性腸疾患とびまん性T-cell型リンパ腫との鑑別についても症例を示しながらレビューします.

Day 2 10:00-17:00

US ドップラー法を用いた血管性疾患,門脈体循環シャントおよび血栓症に対する診断的腹部超音波検査
ドップラー超音波を用いる際の原則を解説し,腹腔内血管を評価するための秘訣やコツについてお示しします.症例とビデオを用いながら門脈系と肝臓の評価方法について系統的なアプローチ法を示します.多くの門脈体循環シャントの症例をご覧いただくことができるでしょう.さらには,ドップラー超音波を用いることによる腹部の動静脈系の血栓の検出法を多くの症例を用いながら解説します.また,カラー,パルス,連続波,およびパワードップラーについても解説予定です.

犬と猫のX線検査における肺のパターン診断とその難しさ
肺のパターンは未だに理解や習得が最も難しいと思われるX線検査所見の1つです.この講義ではその難解な肺のパターンに挑戦し,さらに“次の一歩”となり得るような異常X線所見に対するアプローチ法にスポットを当てます.感染性,炎症性(アレルギー性),腫瘍性,肺水腫,そして出血について一連の症例の中で解説します.

犬の心臓に対するX線読影スキルを高めよう
ここでは多くの症例から後天性および先天性心疾患への系統的なアプローチを学びます.ブルドッグのような難解な症例を示しながらディスカッションを行います.この講義により皆さんの心疾患に対する読影スキルが高まるだけではなく,さらに左および右心不全のサインをも評価できるようになります.心疾患との誤診を招きやすいX線画像上における罠や落とし穴を避けるためのコツもたくさんお示しします.

Day3 10:00-17:00

呼吸困難を呈する犬と猫のX線検査
呼吸困難を伴うような,胸水症あるいは肺,気道疾患に対する系統立った胸部の評価法を学びます.犬の気管および気管支虚脱を提示しながら,発咳などを呈した患者に対する胸部X線画像の解釈に役立つコツを紹介します.難解な症例を用いて心疾患と肺疾患との鑑別法を示します.肺血栓塞栓症についても症例を示しながら検討します.

呼吸不全を伴う難解症例におけるX線検査とCT検査との比較
ここでは呼吸器疾患を有する難解症例のX線検査とCT検査との比較にフォーカスします.CT検査の適応を実際の症例を提示しながら検討します.気道および肺疾患がこの症例の中心となります.血栓塞栓症を診断するためのCT血管造影の解釈法についても解説します.

胸部における超音波ガイド下FNAの実施法
胸部疾患としての胸水,腫瘤,結節を鑑別診断する際にも,超音波ガイド下FNAによって得られる細胞診はとても有効です.胸部に対するFNAを行う症例の適応や選択について解説します.胸部FNAの際にすべきこと,そして避けるべきことについてもお示しします.症例はもちろんのこと,実際に胸部FNAを行なっている際の動画についてもご覧いただきます.

日程・会場

大阪会場 3月6日(金)-8日(日)

天満研修センター
JR環状線「天満」駅 徒歩3分
通訳:久保田 朋子

東京会場 3月10日(火)-12日(木)

飯田橋レインボービル
JR/地下鉄「飯田橋」駅西口 徒歩5分
通訳:浅枝 瑛子(みかん動物病院)

参加費・お申し込み

参加費・講義資料代(税込)

参加区分 一般料金/会員当日料金 JAHA会員料金
3日間受講 獣医師 72,600円 66,000円
獣医師奨学制度 33,000円
学生 13,200円 9,900円
1日受講 獣医師 24,200円 22,000円
獣医師奨学制度 11,000円
学生 4,400円 3,300円
講義資料 資料USBメモリ 6,600円
資料USBメモリ+冊子セット 8,800円
昼食 1,100円/1日 *10時開始のセミナーのみ
資料USBメモリの事前発送について 2月26日までに入金確認できた方 ⇨ 2月27日発送予定
資料USBメモリには講義ノートと講演スライドのPDFデータが含まれます。
 事前発送にはヤマト運輸DM便を利用します(ポストへの投函)開催直前のご注文分は会場でお渡しします。
冊子(スライドのカラー印刷)は会場でお渡しします。
 *USBメモリ購入者へのオプション販売となります  *追加で冊子を購入数場合は1冊 2,200円となります。

お申込み方法 (受付停止中)

キャンセルについて

セミナー前日までにご連絡の場合 キャンセル料 1,000円
・連絡日が事務局の休日にあたる場合は、留守番電話メッセージ、E-mail、FAXでご連絡をお受けします。

ご連絡

○JAHA会員対象「奨学制度」【要事前登録】
 獣医師免許取得後3年目まで(2017年4月以降取得の方)のJAHA会員獣医師が対象になります。
 申込み時に免許取得年をご記入ください。
○後援団体会員、日本獣医師会会員の方は、JAHA会員と同じ参加費になります。申込み時所属団体名をご記入ください。
○ご入金が当日以降の場合、参加区分に関わらず一般料金が適用されます。
○講義の写真や動画の撮影はご遠慮願います。講義の録音は可能です。
○会場では空調調整を行うよう努めておりますが、適温には個人差がありますので、温度調整できる服装でご来場願います。
○開場は講演開始の1時間前からとなります。

会員専用サービス

Now loading
    入会ご希望のみなさまへ