グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


旧カリキュラム受講生への対応


このページを

お気に入りリストを見る
お気に入りに登録する
旧カリキュラム受講者が認定試験を受験するには、次の表の新カリキュラムの内容(講義/実技)を受講する必要があります。

新旧カリキュラム:受講対応表

旧カリキュラムの受講状況 新カリキュラムで受講すべき内容(2014年7月~)
ステップ1(学習理論)まで受講済 講義2、3、4、5、6
実技1、2、3、4
ステップ2(問題行動)まで受講済 講義3、4、5、6
実技1、2、3、4
ステップ3 3B(成犬キャンプ)受講済 講義3、5、6
実技2、3、4
3A(子犬キャンプ)受講済 講義4、5、6
実技1、3、4
3A・3Bとも受講済 講義5、6
実技3、4
ステップ5(犬連れキャンプ)受講済 実技4
講義5・6は必須ではありませんが、受講を推奨します
ステップ6(クラス運営)受講済 移行期間中は、以下のいずれかを選択できます。
  • 現カリキュラムステップ7(ビデオ提出)→現修了試験
    2015年3月ビデオ最終締切、2015年6月現修了試験(最終)
  • 新カリキュラム実技4「ビデオ検討会」受講→新認定試験
  • 推奨される受講の順番は「受講のモデルケース」をご覧ください。
  • 新しいカリキュラムの内容は新カリキュラム詳細をご覧ください。
ステップ4(特別講義)は、新カリキュラムでは廃止されます。これまでのステップ4のようなテーマ別の特別講義は、今後は養成コースカリキュラムとは別に、特別セミナー等の形で開催していく予定です。

会員専用サービス

Now loading
    入会ご希望のみなさまへ