グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


年次大会東京ミーティング


このページを

お気に入りリストを見る
お気に入りに登録する

平成29年度JAHA年次大会 東京ミーティング(市民公開講座)

Human Animal Bond for One Health ー"どうぶつ"と共に素晴らしい生活を!ー
平成29年度JAHA年次大会東京ミーティングは、おかげさまで多くの皆様にご参加を頂き、無事終了いたしました。
参加者の皆様、講師、出演者、出演犬の皆様、協賛企業の皆様に心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

【日程】2017年10月28日(土)・29日(日)
【会場】東京大学 弥生講堂一条ホール ほか
【参加人数】
 獣医師94名、獣医学生11名、動物看護師94名、市民236名、関係者・演者59名、協賛企業12名、 プレス他19名
 合計525名
10月28日(土) しつけ・行動学セミナー
10月28日(土)11:00~12:30
「犬ともっと幸せに!
ーLet's try!JAHA家庭犬マナーチャレンジ!」

講師:西川 文二 先生(Can! Do! Pet Dog School 成城本校)
JAHA家庭犬マナーチャレンジは、難しいテストではありません。楽しみながらしつけを行うための目標としていただく内容となっています。その内容をご紹介させていただき、犬と幸せに暮らすために必要なマナーやしつけを実演を交えて楽しくご紹介いたします。

10月28日(土)14:00~16:30
「子犬のトレーニングとScience Behind
~科学に基づく行動学」

講師:入交 眞巳 先生  (日本ヒルズ・コルゲート㈱、北里大学)
子犬を家族に迎えたらきちんとしつけをしましょう、と動物病院で言われます。なぜしつけが必要なのでしょうか?脳科学から子犬が人との生活に順応する社会化期、学びの学習について一緒に考えてみましょう。

10月29日(日) アニマルセラピーの発表と講演
10月29日(日)10:00~11:50 CAPP活動発表  座長:本田 善久 先生 (みゅう動物病院)
「浜石の郷でのCAPP活動」
 発表:横山緑氏(静岡県 CAPPボランティア)
「障ガイを持つ人達とのCAPP活動を通じた絆」
 発表:池内豊先生(島根県 池内動物病院/チームリーダー)
「セラピー犬(家庭犬)とのふれあいを通じて」
 発表:大林杏子先生(高知県 KOKOどうぶつ病院/チームリーダー)
「信愛病院でのAAT(動物介在療法)の活動」
 発表:後藤三枝子氏(東京都 犬のしつけ教室with/ボランティア)
「子どもたちの心をもっと明るく豊かに!~児童館でのAAE~」
 発表:金子いづみ氏(東京都 杉並区立和田中央児童館/ボランティア)
アニマルセラピー講演 座長:柴内 裕子 先生 (赤坂動物病院)
10月29日(日)14:30~15:20
『小児病棟で働く犬』
「小児がん患者家族と看護師で始めたファシリティドッグ・プログラム」
 講師:森田優子氏(認定NPO法人シャイン・オン・キッズ)
「ワンちゃんの病棟訪問と患児・家族」
 講師:井上富美子氏(認定NPO法人ミルフィーユ小児がんフロンティアーズ)
10月29日(日)15:20~15:50
「高齢者施設での動物介在活動」
 講師:菊地正子氏(社会福祉法人協和会)
 講師:尾前元子氏(赤坂動物病院)
10月29日(日)15:50~16:30
『図書館に犬がやってくる~子どもが犬に読み聞かせ』
「世界に広がるR.E.A.D.プログラムを日本へ」
 講師:大塚 敦子 氏(ジャーナリスト、ノンフィクション/写真絵本作家)
「新たな読書との出会い~わん!だふる読書体験~」
 講師:田中 博文 氏(三鷹市教育委員会三鷹市立図書館)
 子どもが犬に本を読む?日本ではまだあまり馴染みのない試みです。大塚さんからは、アメリカやカナダでのプログラム紹介や日本での可能性について、田中さんからは公立図書館でのプログラム実施に至る経緯、成果とこれからの展開についてお話いただきます。

会員専用サービス

Now loading
    入会ご希望のみなさまへ